仁王2 DLC 牛若戦記 レビュー

ゲーム

今回は2020年3月12日に発売された仁王2の有料ダウンロードコンテンツ第一弾として牛若戦記が配信が配信されたので紹介したいと思います。

仁王2自体良くできたゲームで2020年のなかでも私的に上位に来るゲームソフトです。

難易度も難しいですが仲間を連れていくことで、下げることは可能ですし武器の豊富さや防具や武器を集めるやり込み要素も含めて楽しいです。

実際100時間以上プレイしております!

そしてなによりキャラクリエイトが楽しい!

自分の好きな見た目のキャラを使って戦えるのは最高です!

自分の趣味全開のキャラクターを作りましたw

しかも頭の防具は非表示にできるのでせっかく作った可愛い顔も見ながらプレイできるのが素晴らしい配慮です。

それではDLC牛若戦記に触れていきたいと思います。

スポンサーリンク

牛若戦記 詳細

価格は税込みで1,470円で7月30日から配信されております。

この価格を高いかどうかは人によると思いますが、私は適正な価格だと思いますし、むしろお手頃かなと思っています。

追加されたのは以下のものです⇩

  • 新規の守護霊
  • 新規の武器・防具・小物
  • 新規の秘伝書スキル
  • 新規の身振り・姿写し
  • 新規のトロフィー・称号・プレイレコード
  • 修羅の夢路で手に入る装備品に付与される特殊効果・揃え効果
  • 新ストーリー
  • 新武器種
  • 高難度モード「修羅の夢路」
  • 新規の妖怪・魂代および妖怪技の追加

※牛若戦記編は本編クリア後にプレイ可能になります。

これだけの物が追加されて1,470円というのはお手頃じゃないでしょうか。

特に赤字で書いたところは私的に嬉しい要素で、新鮮味が感じられる要素ではないでしょうか。

プレイ感想

新ステージ

現在はまだ最初のステージしかクリアしていませんが、これだけでも満足度が高く感じられます。

久しぶりにプレイしましたが、敵の配置が前より嫌らしい場所に配置されている気がします!

それでも懐かしいって感じたり、仁王らしいなって思ったりでそれもまた嬉しい要素になっています。

サブミッションもいくつかあり、ステージ数も少なくありません。

長さも本編と同等の長さで、DICだから手を抜いているなんてことは微塵も感じられません。

新スートリー

ストーリーとしては、本編をクリアして争いが無くなったかと思われた日本、しかし主人公はの戦いは終わらず妖怪退治に勤しんでいたところから始まります。

そこでひょんな事から平安時代にタイムスリップをしてしまいます。

ここから先はネタバレなので実際にプレイして頂けたらと思いますが、過去に戻り過去の偉人たちと出会うのも、また戦国時代以外の日本を感じられてなかなか良いです!

今回は平氏と源氏の話なので有名な偉人も多いですし、歴史の授業をサボっていた私みたいな人でも「こいつ知ってる!」ってなりますw

新守護霊&妖怪

最初のステージですが2体の新守護霊を確認しました。

妖怪も陰陽術を使う鬼がいたり新規造形の妖怪がいたりです。

最初のステージだけでBOSSを含めて3-4種類の新妖怪がおりました。

もちろん魂代も落とすのでどんな妖怪技なのか楽しみです。

最初のボスは仁王に出て来たボスに似ていてこれもまた懐かしい気持ちになりました。

新武器 仕込棍

スキルポイントが無く技を習得できないので確実なことは言えませんが、スキルツリーを見ているとかなりの強武器の予感です。

リーチの長さ、コンボ数の多さ、通常攻撃に対するカウンター技でアクロバティックな動きも出来ます。

攻撃力も大太刀の2/3ぐらいは出ているので低いとも思いません。(私は大太刀使い)

これは面白そうだし期待値高めです!

感想

新要素別で紹介しましたがいかがでしょうか?

結構面白そうではないですか?

仁王2をプレイしていた方はぜひやって欲しい内容になっていますし、価格を考えてもお手頃だと思います。

それと一番驚いたのが源義経の声優さんが花江夏樹さんだったことw

今をトキメク大人気声優さんが出ていたのと予想外だったのとで驚きました!

コーエーさんかなり力入れてますね!

クリアしたら追記で書きたいと思いますが現在の評価はかなり高いのでかなりオススメなDLCです!

このあとあと2つのDLCがありますが、このクオリティだとしたら最高すぎます!

私は不安だったので個別にDLCを購入しますが、これを見て楽しそうだと思えた人はお得なシーズンパスがあるのでそちらがおススメです!

約1,500円ほどお得な計算になります。

クリア後の感想

ストーリーをクリアしたので追記したいと思います。

ネタバレも含みますのでご注意下さい。

ミッションは全部で10個あり、守護霊は3体追加、妖怪はマイナーチェンジを含めて6体ほどが新規で用意されていました。

やり初めの時はものすごく高評価していましたが、終わってみると少し熱が冷めた部分もあります。

ストーリーの途中で陰に潜み暗躍するものを見つけ出そうという話になるのですが、その正体がわからないまま終わります。

もしかして大嶽丸だったりしないよねw

それはそれで話としては犯人がわかってる推理ドラマを見せられている気がして萎えますが、多分そうでしょう。

ということになりますと、新規の妖怪技も使い道が無いですし、話としても微妙な感じになります。

ストーリークリアまで一日でトロコンは簡単のが多いですが修羅モードの全ミッションクリアがあるのでもう一周するのが大変です。

以下に良し悪しを箇条書きで説明致します。

良き

  • 新武器が楽しい
  • 義経がカッコイイ(声も含めて)
  • 新守護霊が多い(青龍、玄武ときたのであとは朱雀と白虎)

良くない

  • ストーリがいまいち
  • 新妖怪技が使いにくい
  • ミッション数は十分だがメインミッションが少ない
  • 比較的難易度は低い(ボスの挙動が単純、特に弁慶)

こんな所でしょうか、1,500円なのであまり文句は言えませんが、スートリーだけはもう少しなんとかして欲しかった次第でございます。

それ以外で言うとまともな妖怪技の新規が欲しかった~

まぁ次のやつも平安京編も購入するのですが、太宰治の羅生門ぐらいしかイメージ湧きませんw

ストーリーもですがまた新武器があるのか、新守護霊で朱雀が出てくるのか(火属性使いだから)が気になる所です。

秋とのことで10月には出て欲しい!

コメント

タイトルとURLをコピーしました